現場を離れていた看護師が復帰するには?

看護師転職サイト > 現場復帰するために必要なこと

看護師転職サイト-現場復帰するために必要なこと

看護師の資格は、一度取得すると生涯にわたって活躍することができる大変価値の高いものです。そのため、ずっと働きたいから看護師になったという人も多いのです。

でも実際には、残念ながら看護師の資格を持っていながら働いていない人もいます。看護師の仕事をした経験があっても、自分には向いていないなどの理由で今後一切看護師として働く気がない人もいるでしょう。
シングルマザー看護師の転職活動のポイント

また、働く意思はあるけれど、子育てや介護などの事情で今は働くことができないという人も大勢います。このような看護師を「潜在看護師」といい、この人たちが仕事に復帰することができれば看護師不足もかなり解消するだろうと言われています。

しばらく職場を離れていた看護師が現場に復帰するには、いろいろなハードルを乗り越えなければなりません。まず、仕事を離れていた看護師がブランクを気にするという問題があります。

どんな仕事でも、数年現場を離れていれば、その間に技術が進歩していきます。看護師の場合ですと、医療技術が進歩したり、新しい機械が導入されます。また新薬が登場したら薬のことも知らなければ仕事に支障が出るでしょう。医療に関する法律が変わるということも考えられます。

看護師の仕事は人の生命に関わってくる重大なものですから、ブランクを気にする看護師は多いと思います。現場を離れている間に自分の勘が鈍ってしまっているのではないかという不安もあることでしょう。

ですから潜在看護師がスムーズに復帰するためには、この人たちをバックアップする仕組みが必要となります。たとえば復帰にあたっての実務研修等です。まだ病院で看護師の復帰プログラムを作っているところは少ないのですが、病院をあげて復帰を支援すれば、現場に戻ってくる看護師も増えるでしょう。

さらに、子育て中の看護師が復帰するためには託児所も必要です。病院に24時間体制の託児所があれば、看護師も利用しやすくなり、復帰を促すきっかけとなるでしょう。
独立行政法人国立病院機構 愛媛医療センター